ショートステイとは?期間や料金・内容を知っておこう | 階段昇降機は安心・安全な階段リフトのオットーリフト

お役立ちブログ

ショートステイとは?期間や料金・内容を知っておこう

「ショートステイ」と呼ばれる介護サービスがあります。
初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。
どんなサービスで、どんな内容なのか、さらに料金についても知っておけば、必要な時にスムーズに利用できるようになります。
ショートステイを利用する場合の期間も合わせて、詳しく紹介していきます。

 

ショートステイとは?

ショートステイは、「短期入所生活介護」とも呼ばれていて、要介護の高齢者の方が短期間、施設に入所してさまざまなサポートを受けられるサービスのことです。
短い期間だけ施設に宿泊するのでショートステイと呼ばれます。

ショートステイを利用できる施設は、「併設型」と「単独型」の2つに分けられます。

 

併設型の施設

特別養護老人ホームや介護老人保健施設などが基本になっていて、そこにショートステイ可能な宿泊施設が作られている形です。

 

単独型

宿泊施設のみが単独で設けられていて、ショートステイのみを目的として利用することになります。
どちらもショートステイができるという意味では同じですが、他の施設が併設されているかどうかが違います。
ショートステイを利用できる方は、要介護1から5の認定を受けている方か、40歳から64歳で特定疾病により要介護と認められた方が対象です。
この条件のどちらかを満たしていないと、ショートステイは利用できないので注意しましょう。

 

 ショートステイと介護について

ショートステイは2種類あり、「短期入所生活介護」と「短期入所療養介護」があります。

 

短期入所生活介護の場合

食事や入浴、排泄などのいわゆる生活介護を受けることができ、デイサービスとよく似た内容になっています。
デイサービスは日帰りとなっていますので、宿泊する点は違いますが、サービスの内容はデイサービスと同じようなものと考えてもかまいません。
宿泊する分、より長い時間サービスを受けられます。

 

短期入所療養介護の場合

リハビリを中心とした医療サービスを受けられるのが特徴です。
医師をはじめ、看護師や理学療法士なども在籍していて、施設に宿泊しながら専門家による指導を受けながらリハビリが行える形です。
同時に短期入所生活介護で受けられるような、生活介護もしてもらえます。
こちらは宿泊可能なデイケアと考えると、イメージしやすいかもしれませんね。
いずれにしても施設に宿泊するのが特徴で、短期間の間、施設で生活しながらさまざまなサポートを受けられます。

 

一般的なショートステイの料金はどのくらい?

ショートステイの料金は、さまざまな要素で決まります。
要介護度によっても変わりますし、併設型か、単独型の施設かでも変わります。
さらに個室なのかそうでないのかという、部屋の種類でも料金は変わり、当然宿泊日数でも変わります。
一般的に要介護度が高い方ほど、1日あたりの料金は高くなりますし、宿泊日数が長くなればなるほど料金は加算されていきます。
料金の面で注意したいのは、利用料金だけでなく、送迎のための料金なども発生するという点です。
ショートステイを利用する際には、事前に利用料金に加え、その他の費用なども含めて、最終的にいくらかかるのかを調べておくようにしましょう。
直接施設に見学に生き、スタッフさんに聞いてみるのもおすすめです。
見学なら施設の雰囲気も確かめられて一石二鳥です。
良いサービスを受けられそうだと感じたら、料金を確認して利用の手続きをすればいいのです。

 

知っておきたいショートステイ期間とは?

最後にショートステイを利用できる期間について紹介します。
ショートステイは文字通り、短期の宿泊を基本としているので数日間から1週間程度に渡って利用する方が一般的です。
連続で利用できる日数、つまり連続で宿泊できる日数は最長で30日までと決まっています。もし30日を超えて連続で利用する場合は、31日目からの料金が全額自己負担となります。
長期間連続利用しようと思うと、途中から料金が上がってしまうので注意しましょう。
全額自己負担を避けるには、いったん自宅に戻り、改めてショートステイを利用するなどの対策が必要です。
ただし、全額自己負担でも構わないなら30日を超えて連続利用することもできますし、いったん自宅に戻って1日を過ごせば、再度宿泊日数を0に戻した状態で利用できます。
少し工夫も求められますが、必要なら中長期に渡って利用することも不可能ではありません。
短期間の利用になるケースがほとんどだと思いますが、30日を超えて利用し続けると料金が全額自己負担になることは覚えておきましょう。

 

まとめ

ショートステイは一時的に施設に宿泊し、そこで生活介護やリハビリなどのサービスが受けられます。

ご家族がどうしてもサポートできない時や自宅で過ごすのが大変な時に利用できるので便利ですね。

自宅でばかり過ごしていると生活が単調になってしまうので、定期的にショートステイを利用して他の人と接する機会を作るのもおすすめです。

ブログ一覧にもどる