介護施設の種類!特徴や利用方法についてまとめました | 階段昇降機は安心・安全な階段リフトのオットーリフト

お役立ちブログ

介護施設の種類!特徴や利用方法についてまとめました

【目次】

  1. 介護施設の種類一覧
  2. 各介護施設の特徴と利用方法
  3. まとめ(希望の介護施設を利用するために)

 

自宅で家族の介護をするのは当たり前、そう考えている人は多いことでしょう。
ですが、介護というものは、想像以上に大変なことです。
そして状況によっては、自宅での介護が難しくなる可能性も出てきます。
そんな時に活用できるのが介護施設です。
ただ介護施設と言っても、その種類は多く、ピンと来ないかもしれません。
そこで今回は、介護施設の種類や特徴、使い方などについてまとめました。

 

介護施設の種類一覧

介護施設と言っても、いろいろな種類があります。
大きく分けると「公共型」と「民間型」になりますね。

公共型:特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・介護療養型医療施設
民間型:介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・グループホーム

さらに、介護度によっては、自立している人専用の介護施設もあります。
それがサービス付き高齢者住宅や軽費老人ホームなどです。
また、介護保険制度が導入されてから、その介護度によって利用できる施設とそうでない施設があります。
利用する際の費用も、公共型と民間型とで違いがありますし、受けるサービスの内容によっても違いがあるので、あらかじめ施設ごとの費用の目安を知っておくことも重要です。

 

各介護施設の特徴と利用方法

それでは、介護施設ごとの特徴や利用方法を紹介します。
まずは「公共型施設」についてです。

 

◆特別養護老人ホーム
  • 生活全般の介護を受けることができ、重度の認知症の人も入所することが可能。
  • 一度入所すると、そこが終の棲家となる。
  • ほかの介護施設に比べると費用が安い。
  • 医師が常駐していないため、持続した治療が必要な人は入所が難しい。
  • 入所待ちの人が多く、申し込みをしてもすぐに入所できるとは限らない。
  • 介護度が3以上でないと入所できない。
◆介護老人保健施設
  • 病院を退院し、在宅復帰の準備のために入所するケースが多い。
  • 介護だけでなく医師や看護師による医療的なケアが受けられる。
  • 入所期間が3カ月∼6カ月で、長期入所は難しい(状況による)。
  • リハビリが受けられる。
  • 特別養護老人ホームよりは費用がかかる。
◆介護療養型医療施設
  • 要介護度1以上で医学的管理が必要な人を対象。
  • 身体介護のほかにリハビリも受けられる。
  • たん吸引や経鼻栄養などの医療ケアが中心。
  • 費用がほかの施設より高め。

 

続いて「民間型施設」についてです。

 

◆介護付き有料老人ホーム
  • 介護専用型と混合型、自立型など身体の状態によって利用形態が変わる。
  • 介護が必要な状態になると退去を求められる場合もある。
  • 費用はかなり高め、入居金が必要なところもある。
  • 職員の人員配置が手厚いため、受けられるサービスも充実。
    ※介護サービスを受けた場合には、別途介護保険料の支払いが必要。
◆住宅型有料老人ホーム
  • 要介護度に関係なく利用できるが、重介護になると退去を求められることも。
  • 看護師の配置が統一されていないので、施設によって違いがある。
  • 基本的にサービスは外部のものを利用。
  • 介護サービスも受けられるが、介護度が高いと費用がかさむ。
◆グループホーム
  • 認知症の高齢者が利用できる。
  • 家庭的な雰囲気の中で、精神的な安定と自立支援を目的としている。
  • 少人数での生活なので、落ち着いて過ごすことができる。
  • 施設がある自治体に住民票があることが原則。
  • 要介護度が悪くなると退去しなければならないケースも。
  • 看護師の配置が義務付けられていないため、医療的なケアは実施できない場合が多い。

 

最後に、自立している人専用の施設についてです。

 

◆サービス付き高齢者住宅(サ高住)
  • 入居は60歳以上から。
  • 安否確認と生活相談サービスが受けられる。
  • 夫婦での入居も可能。
  • 費用や受けられるサービスについては、施設によって違いが大きい。
  • 介護が必要になった場合には、退去を求められることも。

ほかにも民間型の介護施設はありますが、大きく分けるとこのくらいになりますね。

そして、介護施設の利用方法ですが、公共型の介護施設は、担当のケアマネージャーを通して申し込みをすることが多いです。
民間型の介護施設も、要介護認定を受けている場合には、ケアマネージャーに相談をするのがおすすめです。

 

まとめ

介護施設を利用する際には、担当のケアマネージャーが頼りになります。
しかし、すべてお任せするのではなく、本人あるいは家族もリサーチをするなどして、知識を持つことが大切です。
介護施設によって、費用やサービスの内容は違いますから、自分の目で、その施設がどんなところで雰囲気はどうか、しっかりと見学をするのがポイントと言えるでしょう。
実際にその介護施設を利用した人がいれば、評判を聞いてみるのもいいですよね。
介護施設の中には、短期間入所するショートステイもサービスとして提供しているところがほとんどです。
自宅で介護をしている場合も、気分転換を兼ねてこうした施設を利用するのも一つの方法。
「介護施設に入所させるのは気が引ける」という人もいますが、決して悪いことではありません。
1人で介護の大変さを抱え込んで、心身ともにまいってしまうのが一番の問題ですし、受けられるサービスはどんどん活用し、良い介護ができるならそれが得策です。
介護施設について、ある程度の情報を入手し、そのうえでケアマネージャーと相談をすれば、良い介護を持続できるのではないでしょうか。

ブログ一覧にもどる